プロ野球をネット観戦する方法!巨人ファンならHulu(フールー)、巨人以外の球団ファンならDAZN(ダゾーン)で決まり!

目的別サービス比較

最近は若い女性を中心にプロ野球ファンが増加しており、プロ野球人気が再燃しています。

しかし、最近は民放の地上波でプロ野球が放送されることが少なくなっているため、プロ野球を見たいけど球場までなかなか足を運べない方や、ネットニュースやスポーツニュース、新聞で試合の結果を確認するだけで我慢しているという方も多いと思います。

最近はプロ野球をはじめスポーツ番組は毎月数百円の定額で利用できる動画配信サービス(VOD)でリアルタイム配信されるのが主流になっています。

この記事では、プロ野球をネットで見るメリットやおすすめの動画配信サービス(VOD)についてご紹介しています。

動画配信サービス(VOD)でプロ野球観戦するメリット

プレイボールからゲームセットまでしっかり見れる!

民放でのプロ野球放送の場合、試合の途中から放送が開始され、試合が終了していなくても放送終了時刻になると強制的に放送が終了してしまうため、いいところで放送が終了してしまってがっかりした経験がある方がほとんどだと思います。

しかし、動画配信サービス(VOD)ではプロ野球の専門チャンネルが用意されているので他番組の放送時間を気にすることがありません。試合時間を気にすることなくプレイボールからゲームセットまで観戦することができます。

場所を問わずどこでも楽しめる

動画配信サービス(VOD)は、ネットに接続できる環境とテレビやスマートフォン・タブレットなどがあればどこでも見ることができます。

仕事帰りの電車の中でスマートフォンでプロ野球を観戦したり、家族がリビングのテレビでバラエティやドラマを見ているときに、自分だけタブレットでプロ野球を観戦するという使い方もできます。

プロ野球以外の番組も楽しめる

動画配信サービス(VOD)を契約すると、洋画・邦画・テレビドラマ・アニメなどプロ野球以外の作品も見放題になるので、自分だけではなく家族全員で楽しむことができます。

また、提供されている作品数はサービスによって異なりますが、どのサービスも数万〜数十万というラインナップを取り揃えているので、きっと好きなジャンルの作品が見つかると思います。

プロ野球をネットで観戦するならHulu(フールー)とDAZN(ダゾーン)の2択!

動画配信サービス(VOD)はたくさんありますが、その中でもプロ野球を見れるサービスは多くありません。

結論から言うと、コスト・使い勝手・試合の放送回数という観点から見てHulu(フールー)とDAZN(ダゾーン)の2択となります。

巨人ファンならHulu(フールー)がおすすめ!

Hulu(フールー)では、ジャイアンツLIVEストリームという公式チャンネルを用意しており、読売巨人軍が主催する全公式戦をリアルタイムで配信しています。

ジャイアンツLIVEストリームは日テレが提供しているサービスで、Hulu(フールー)ではなく直接サービスを契約することをできます。Hulu(フールー)では見ることのできないオープン戦や一部ビジター戦、過去試合のプレイバック放送などを楽しむことができますが、月額料金が1,500円(税抜)とHulu(フールー)と比べて高い価格設定になっています。

Hulu(フールー)と直接ジャイアンツLIVEストリームを契約した場合のサービスを比較してみました。サービスを選ぶ際の判断基準としては、ジャイアンツ戦を一試合も見逃したくない、イースターリーグ戦で2軍選手もしっかりチェックしたいというかなりコアなジャイアンツファンならジャイアンツLIVEストリーム、そこまでこだわらないのであればHulu(フールー)で十分でしょう。

Hulu ジャイアンツLIVEストリーム
サービスの特徴 ジャイアンツが主催の全公式戦が見れる
プロ野球以外にも映画やドラマ、アニメなど50,000作品が見放題
ジャイアンツが主催の全公式戦、一部ビジター戦、イースターリーグ戦が見れる
視聴環境 テレビ・パソコン・スマートフォン・タブレット パソコン・スマートフォン・タブレット
料金 月額933円(税抜) 月額1,500円(税抜)

Hulu(フールー)の視聴方法は?

Hulu(フールー)は、パソコン、スマートフォン・タブレット、テレビで見ることができます。パソコンはインターネットブラウザ、スマートフォン・タブレットはアプリで見ることができますが、テレビで視聴する場合はApple TV、Amazon Fire TV、Chromecastなどのデバイスが別途必要になりますので注意が必要です。

対応機種の詳細についてはこちらからご覧ください。

巨人ファン以外はDAZN(ダゾーン)がおすすめ!

DAZN(ダゾーン)では巨人以外の11球団(阪神、ヤクルト、中日、西武、ソフトバンク、オリックス、楽天、日ハム、ロッテ、DeNA、広島)が主催する公式戦が放送されます。
(ちなみに巨人以外の11球団が主催で開催される公式戦の対戦相手が巨人の場合は放送されます。)

また、DAZN(ダゾーン)では国内のプロ野球だけではなく、メジャーリーグ(MLB)の試合も放送されている他、海外サッカーなどスポーツ全般の番組が充実しているので、スポーツファンにおすすめの動画配信サービスになります。

DAZN(ダゾーン)の視聴方法は?

DAZN(ダゾーン)はネットに接続可能なスマートテレビのほか、スマートフォンやタブレット、PS3/PS4など豊富な視聴環境が整っています。

詳しくはこちらでご紹介しています。

無料体験できるからまずは試して見るもあり!

Hulu(フールー)とDAZN(ダゾーン)、どちらのサービスも無料体験期間があるので、無料期間中に退会すれば一切お金がかかりません。使い勝手などを確認するには実際に体験してみるのが一番てっとり早いので、まずは無料体験をおすすめします。

\動画配信サービスの違いがわかる/